吉澤五郎『ポストコロナの文明史像  「生への選択」とトインビー』 (潮出版社)

2021/11/07 12:55
広報委員会

  

  

吉澤五郎会員の著書の紹介です。 

 

未来とは今である—— 

21世紀の「希望の知」をつむぐ巨匠・トインビーの珠玉の現代論集を読み解く 

 

20 世紀を代表する碩学は今日の世界的危機をどう見るのだろうか。 

人類は自ら「母なる地球と人間」を救い得るのだろうか。 

いま「21世紀の黙示録」として、その命運が問われている。 

トインビー研究の第一人者である著者が見つめる、「ポストコロナ」の新しい知の旅路! 

(潮出版社HPより) 

 

目次 

はじめに “人間”それ自らに背くもの 

プロローグ 『疫病と世界史』—著者マクニールとトインビーの対話 

第1部 トインビーの文明史観 

第2部 トインビーの文明批評 

第3部 トインビーを語る 

第4部 「トインビー追想」の調べ 

エピローグ 「ポストコロナ」と新しい旅路—「オンライン授業」の窓辺から 

おわりに 「トインビー三部作」を終えて 

 

発行:潮出版社 

発行日:2021年11月5日 

頁数:新書判 240ページ 

ISBN:978-4-267-02313-2