2018年度 第5回環流文明研究会のご案内

2019/02/17 14:42
広報委員(宮嶋)

環流文明研究会各位             

比較文明学会会員各位   

環流文明研究会  副代表 星野克美、神出瑞穂 

         

 

平成最後の環流文明研究会を下記の通り開催いたします。是非ともご参加いただきたくお願い申し上げます。  

記 

(日 時)  3月9日(土)13:00~16:30 

 

(場 所)  東海大学代々木校舎 2B11教室 (注:新しい会場です。) 

 

(内 容) 

(1) 小関 武宏 

還流エネルギーとしての地熱エネルギーの現状 

*再生可能エネルギーは地球にやさしいエネルギーとして利用が増加している。再生可能エネルギーの一つである地熱エネルギーは、火山の恵みを利用したもので、火山国日本に最も適したエネルギーである。このように自然を利用した還流エネルギーである地熱エネルギーの現状を報告する。 

 

(2) 池田誠 

生命と人類の過去・現在・未来:科学と哲学と芸術の融合絵   

*生命の行動を特徴づける5つの要素(安全、活動、好奇心、協力、理性)で、政治経済社会環境を理解する。温暖化は、異常気象・食糧危機・資源エネルギー制約、地球の気候変動メカニズムなどで最高でも6℃が上限かも。この激変期に生き残るのはタフさか優しさか?これまで発表の集大成を報告。  

 

 

 

(連絡先) 科学技術・生存システム研究所  神出瑞穂 

Email: kamide-mizuho@max.hi-ho.ne.jp 

                       以上