同志社大学 一神教学際研究センター(CISMOR)

「フランス社会のなかのカトリシズム—「復興」の背景と内実を考える—」

2017/02/13 15:10
広報委員(宮嶋)

この度、同志社大学一神教学際研究センターでは、2017年3月3日(金)に公開講演会を 

開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。 

入場は無料、事前のお申込は不要ですので、どうぞ当日直接会場にお越しください。 

皆様のご参加をお待ち申し上げております。 

-------------------------------------------------------------------------------- 

【日時】 2017年3月3日(金)17:00-19:00 

【会場】 同志社大学 今出川キャンパス 神学館チャペル 

      *京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車 3番出口より徒歩3分 

 

【演題】「フランス社会のなかのカトリシズム—「復興」の背景と内実を考える—」 

【講師】フィリップ・ポルティエ教授(高等研究実習院・フランス) 

 

【要旨】 

ライシテの国フランスは、宗教を公共空間から取り除く傾向が強いと思われがちである。ところが、近年では、カトリックの社会における影響力が増しているようにも見受けられる現象がある。これは「カトリック復興」と見なしてよいのであろうか。本講演会では、このような動向の背景と内実について検討する。 

 

※事前申込不要、入場無料 

※フランス語講演(逐次通訳あり) 

 

詳細は 

http://www.doshisha.ac.jp/event/2017/0208/event-detail-2175.html 

facebook https://www.facebook.com/doshisha.cismor 

【主催】同志社大学 一神教学際研究センター (CISMOR)  

【共催】同志社大学 神学部・神学研究科 

 

お問い合わせ… 同志社大学 一神教学際研究センター Tel. 075-251-3726 

rc-issin@mail.doshisha.ac.jp