同志社大学 一神教学際研究センター(CISMOR)

「パウロとユダヤ教」

2016/08/25 17:31
広報委員(宮嶋)

この度、同志社大学一神教学際研究センターでは、2016年9月24日(土)に公開講演会を 

開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。 

入場は無料、事前のお申込は不要ですので、どうぞ当日直接会場にお越しください。 

皆様のご参加をお待ち申し上げております。 

-------------------------------------------------------------------------------- 

【日時】 2016年9月24日(土)13:00-15:00 

【会場】 同志社大学 今出川キャンパス 神学館チャペル 

      *京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車 1番出口より徒歩3分 

 

【演題】「パウロとユダヤ教」 

【講師】 村山盛葦(同志社大学神学部教授) 

勝又悦子(同志社大学神学部准教授) 

【プログラム】 

13:05 - 13:45 勝又悦子「ユダヤ教・ユダヤ学から見たパウロ」  

13:45 - 14:25 村山盛葦「パウロから見たユダヤ教」  

14:30 - 15:00 質疑応答 

 

 

【講師紹介】 

村山盛葦(同志社大学神学部教授) 

 

1965年エジプト生まれ。同志社大学神学部大学院修士課程修了。バークレ神学大学院連合(GTU)、ボストン大学大学院で新約聖書学を学ぶ。現在、同志社大学神学部教授。訳書『パウロの教会はどう理解されたか』リチャード・アスコー(日本キリスト教団出版局、2015年)、論文「パウロとガラテヤ人の信頼構築の内実—『ガラテヤの信徒への手紙』3章1-5節、4章12-15節を中心に—」(『基督教研究』77巻・1号、2015年、pp.25-41)など。  

    

勝又悦子(同志社大学神学部准教授) 

1965年山口県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科基礎文科コース宗教学宗教史学専攻博士課程単位取得退学。エルサレム・ヘブライ大学大学院にてPh.D.(ヘブライ文学)取得。現在同志社大学神学部准教授。専門は、ユダヤ学、特にラビ・ユダヤ教とその聖書解釈。著書Priests and Priesthood in the Aramaic Targums to the Pentateuch, Lambert, 2011、共著として『生きるユダヤ教』(教文館近刊), 共訳として『タルムード入門 〈2〉〈3〉』(原著 A. Cohen, Everyman’s Talmud, 1949)(教文館、1997年)、論文として、「ユダヤ教における自由」『基督教研究』第77巻1号、2015年、1-231頁他がある。 第7回(平成22年度)日本学術振興会賞受賞。 

 

 

※事前申込不要、入場無料 

※日本語 

 

詳細は 

http://www.cismor.jp/jp/index.html 

facebook https://www.facebook.com/doshisha.cismor 

【主催】同志社大学 一神教学際研究センター (CISMOR) 

【共催】同志社大学 神学部・神学研究科 

 

お問い合わせ… 同志社大学 一神教学際研究センター Tel. 075-251-3726 

rc-issin@mail.doshisha.ac.jp