同志社大学 一神教学際研究センター(CISMOR)公開講演会

"Stubborn Female Identities: Stories, Narratives, and the Wagers of Political change in Pre and Post-Revolution Egypt"

2015/01/09 13:47
広報委員(宮嶋)

頑強な女性のアイデンティティー──エジプトにおける革命前後の政治的変化をめぐる小説、物語、賭け 

  

この度、同志社大学一神教学際研究センターでは2015年2月14日(土)に公開講演会を開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。詳細に関しましては以下をご参照ください。 

入場は無料、事前のお申し込みは不要ですので、どうぞ当日直接会場にお越しください。 

皆様のご参加をお待ち申し上げております。 

-------------------------------------------------------------------------------- 

【日時】  2015年2月14日(土)13:00-15:10 

【会場】 同志社大学 今出川キャンパス クラーク記念館2階チャペル 

      *京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車 3番出口より徒歩1分 

【タイトル】  "Stubborn Female Identities:  

Stories, Narratives, and the Wagers of Political change in Pre and Post-Revolution Egypt" 

頑強な女性のアイデンティティー──エジプトにおける革命前後の政治的変化をめぐる小説、物語、賭け 

【講師】  ロブナ・イスマイールLobna Ismail(カイロ大学文学部准教授) 

【コメンテーター】岡 真理 Mari Oka(京都大学大学院人間・環境学研究科教授) 

【概要】    エジプト革命という怒りの爆発に先立ち、またそこに至ることになった 

動乱期において、女性の芸術的な物語が、社会的・政治的混乱をめぐって革命的な変化を求めるエジプト人女性のビジョンや欲求をとらえた。革命後のエジプトで、そのようなビジョンや欲求はどうなったのか。女性たちは、変革という賭けに対し、何らかの答えを見つけたのだろうか。 

 

※入場無料・事前申込不要 

※使用言語:英語・日本語/逐次通訳あり 

 

詳細は…http://www.cismor.jp/jp/index.html 

 

【主催】同志社大学 一神教学際研究センター (CISMOR) 

【共催】同志社大学神学部・神学研究科 

お問い合わせ… 同志社大学 一神教学際研究センター Tel. 075-251-3972