テュービンゲン大学同志社日本研究センター 公開講演会 同志社大学一神教学際研究センター 公開講演会

Cultural Comparison on Animals and Specters: Between Japanese and Monotheistic Cultures 動物・妖怪の文化比較─日本文化と一神教文化をめぐって

2014/12/08 17:14
広報委員(宮嶋)

この度、同志社大学一神教学際研究センターでは2015年1月29日(木)に公開講演会を開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。詳細に関しましては以下をご参照ください。 

入場は無料、事前のお申し込みは不要ですので、どうぞ当日直接会場にお越しください。 

皆様のご参加をお待ち申し上げております。 

-------------------------------------------------------------------------------- 

【日時】  2015年1月29日(木)16:00−18:00 

【会場】 同志社大学 今出川キャンパス クラーク記念館2階チャペル 

      *京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車 3番出口より徒歩1分 

【タイトル】  Cultural Comparison on Animals and Specters:  

Between Japanese and Monotheistic Culture 

動物・妖怪の文化比較—日本文化と一神教文化をめぐって 

【ゲスト】  Prof. Michael Wachutka, Director, Tuebingen Center for Japanese Studies 

Prof.Katsuhiro Kohara, Director, CISMOR 

ミヒャエル・ヴァフトゥカ(テュービンゲン大学同志社日本研究センター所長) 

小原克博(同志社大学教授、一神教学際研究センター長) 

【概要】 

日本文化の中には妖怪や動物が多く登場し、近年のゲゲゲの鬼太郎や妖怪ウォッチをあげるまでもなく、日常生活の中に溶け込んでいる感すらあります。では、一神教社会の中では、どうでしょうか。妖怪や動物の位置づけを中心に日本文化と一神教文化を比較し、それぞれの文化や宗教の特質をとらえてみたいと思います。  

 

※入場無料・事前申込不要 

※使用言語:英語・日本語/逐次通訳あり 

 

詳細は…http://www.cismor.jp/jp/index.html 

 

【主催】テュービンゲン大学同志社日本研究センター(TCJS) 

同志社大学 一神教学際研究センター (CISMOR) 

【共催】 同志社大学神学部・神学研究科 

お問い合わせ… 同志社大学 一神教学際研究センター Tel. 075-251-3972 

-----------------------------------------------------------