小倉 紀蔵『入門 朱子学と陽明学』

2012/12/15 14:24
広報委員(宮嶋)

 

『論語』のおもしろさがわからないという人は、その解釈の魅力を知らないからである。孔子・孟子の古典から知的営為を積み重ねてきた儒学。その中から宋代に新しい学問として現れ、儒教的な「宇宙認識」を哲学化した朱子学。そしてそれを継承しつつ克服しようとした陽明学。これらの世界観はいかなるものだったのか。東アジアの思想空間を今も規定するその自己・社会・宇宙のとらえ方を、心・性・理・気・鬼神などのタームを通して平易に解説。その魅惑に満ちた世界へと読者を誘う。 

 

第1章 儒教の「宇宙快感」と「宇宙認識」 

第2章 まず儒教を理解する 

第3章 朱子学の玄関口 

第4章 朱子学の核心—「理」とは何か 

第5章 陽明学の核心—「ひとつになること」 

第6章 「空虚」をめぐる思索 

第7章 鬼神と社会 

第8章 気と生命 

 

シリーズ:ちくま新書 

定価:840円(税込) 

刊行日: 2012/12/05  

判型:新書判 

ページ数:256 

ISBN:978-4-480-06695-4 

JANコード:9784480066954