同志社大学一神教学際研究センター 公開シンポジウム(9月15日)

「イスラームと西欧近代の問題 —共約不可能性と共存可能性を突き詰める」

2012/08/27 10:36
広報委員(宮嶋)

この度、同志社大学一神教学際研究センターでは9月15日(土)に公開シンポジウムを開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。 

詳細に関しましては以下をご参照ください。入場は無料、事前のお申し込みは不要ですので、どうぞ当日直接会場にお越しくださいませ。 

皆様のご参加をお待ち申し上げております。 

-------------------------------- 

【日時】 2012年9月15日(土)14:30−17:30 

【会場】 同志社大学室町キャンパス 寒梅館ハーディホール 

*京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車2番出口より徒歩1分) 

     地図:http://www.doshisha.ac.jp/access/ima_campus.html 

【タイトル】イスラームと西欧近代の問題 —共約不可能性と共存可能性を突き詰める 

【講師】 

内藤正典(同志社大学グローバル・スタディーズ研究科教授) 

中田考(アフガニスタン平和・開発研究センター客員上級共同研究員)  

【コメンテーター】 

見原礼子(同志社大学グローバル・スタディーズ研究科助教) 

塩崎悠輝(同志社大学神学部助教)  

【司会】 

小原克博(同志社大学神学部・神学研究科教授、CISMORセンター長) 

 

【概要】 

イスラームとの共生を考えるときに、他の一神教との関係以上に困難なのは西欧近代 

が創りだした世俗主義との関係である。非イスラーム世界では誰もが疑わず、イスラ 

ーム世界では誰も理解しない世俗主義との関係を軸に、新たな共生の方向性を検討し 

ていく。 

 詳細は…http://www.cismor.jp/jp/index.html 

 

※入場無料・事前申込不要 

主催:同志社大学 一神教学際研究センター (CISMOR)、共催:同志社大学神学部・神学研究科 

お問い合わせ: 同志社大学 一神教学際研究センター Tel. 075-251-3972