比較文明学会第30回大会のお知らせ

比較文明学会第30回学術大会&地球システム・倫理学会第8回学術大会合同大会プログラム

2012/06/30 14:18
広報委員(宮嶋)

・主催:比較文明学会&地球システム・倫理学会 

・後援:京都大学こころの未来研究センター・京都府ほか 

・日時:2012年11月16日(金)~11月18日(日) 

・会場:稲盛財団記念館大会議室・中会議室・小会議室 

 

・全体テーマ:「地球的危機と平安文明の創造」 

全体テーマ趣旨:地球温暖化・異常気象や人口問題、エネルギー・資源問題、さまざまなレベルでの格差など、「収奪文明」がもたらす数々の「地球的危機」が押し寄せる中で、どのような持続可能な「還流的平安文明」(循環調和型の平らかで安らかな、平和・安心・安全・安寧の文明)を創造し構築できるのかを探る。 

 比較文明学会では、持続千年首都「平安京」という名を持つ「みやこ」京都で第30回という節目の学術大会を開催するに際して、世界各地の「みやこ」が、地震・津波・噴火・寒波・熱波・洪水・台風・エルニーニョ・ハリケーン・ツイスターなどの諸「災害」をどう受け止めながら生き抜いてきたのかを具体的に検証しつつ、「災害」に立ち向かう「みやこ」の比較文明論を討議していく。 

 

11月16日(金)地球システム・倫理学会主催の講演とシンポジウム14:00~17:00(受付:13:00~) 

個別テーマ「言葉の危機と再発見」 

基調講演:山折哲雄(国際日本文化研究センター元所長・名誉教授)「日本語のいのち」 

シンポジウム:「日本語のちから」 

佐々木瑞枝(武蔵野大学)「平安—和語の世界」 

鈴木貞美(国際日本文化研究センター)「日本語の生命力」 

ポーリン・ケント(龍谷大学)「『菊と刀』から紛争処理へ」 

鎌田東二(京都大学こころの未来研究センター)「神話と歌にみる言霊思想」 

司会:松本亮三(東海大学・比較文明学会会長) 

コメンテーター:伊東俊太郎(東京大学名誉教授) 

服部英二(地球システム・倫理学会会長) 

 

テーマ趣旨:地球システム・倫理学会は、さまざまな「地球問題群」を学問的に討議しつつその解決策を探り具体的実践へとつなげていく「地球と人類の未来を考え実践する会」であり、新しい「地球主義と平和」を希求し、「地方から地球へ、競争から共生へ、エゴからエコへの枠組転換」と「物と力の僕としての知識から心と命の主としての智恵(普遍的真理、実践的倫理)への転換」をはかる学術機関である。その地球システム・倫理学会が比較文明学会との合同学術大会を行なうにあたり、「地球的危機と平安文明の創造」を全体合同テーマとした。そして、地球システム・倫理学会は独自個別テーマとして「地球問題群」の中から「心と命」を表わす「言葉」の問題を取り上げる。文明と文化の危機は、そこに生きる人々の「言葉」の危機として表われている。その言葉の問題を根本のところから掘り下げ、「日本語」の「いのち」と「ちから」を再発見・再措定する。 

 

・11月17日(土)比較文明学会主催の講演とシンポジウム14:00~18:00 

(理事会:10:00~12:00、会員総会:13:00~14:00) 

個別テーマ「みやこと災害の文明論」 

14:00~15:40 講演 

司会:阿部珠理(立教大学) 

講演1:原田憲一(京都造形芸術大学)「災害の深化と減災の知恵」 

講演2:鎌田東二(京都大学こころの未来研究センター)「持続千年首都・平安京の生態智」 

講演3:松本亮三(東海大学)「文明の衰亡と災害」 

 

15:40~16:00 休憩 

 

16:00~18:00 シンポジウム 

司会:中牧弘允(国立民族学博物館) 

パネリスト1:陣内秀信(法政大学)「イタリア(ローマ・ヴェネチア)」 

パネリスト2:村瀬智(大手前大学)「インド」 

パネリスト3:秦兆雄(神戸市外国語大学)「中国」 

 

18:30~20:30 懇親会@カンフォーラ 

 

・11月18日(日)9:30~17:00 

大会議室:パネル(比較文明学会・地球システム倫理学会合同) 

中会議室:個人発表(比較文明学会・地球システム倫理学会合同) 

小会議室:個人発表(比較文明学会・地球システム倫理学会合同) 

小会議室:控室 

 

・実行委員会組織:実行委員長・鎌田東二(京都大学こころの未来研究センター)、副実行委員長・小倉紀蔵(京都大学人間・環境学研究科) 

・実行委員:日置弘一郎(京都大学)、中牧弘允(国立民族博物館・比較文明学会副会長)、原田憲一(京都造形芸術大学・比較文明学会前副会長)、山下範久(立命館大学)、赤坂信(千葉大学)、龍村あや子(京都市立芸術大学)、保坂俊司(中央大学)、榎本のぞみ(東京理科大学) 

 

・観光シーズンになりますので、参加者は各自早目に宿泊予約をお願いします。京都で予約できない場合は、山科か大津が便利です。