川勝守『チベット諸族の歴史と東アジア世界』

2010/05/14 10:15
広報委員(宮嶋)

川勝守 『チベット諸族の歴史と東アジア世界』 

 

定価: 本体15000円+税 

2010年5月刊 

ISBN978−4-88708-389-9 

A5箱 528頁 

 

中国を中心とした東アジア世界の中にチベット諸族の歴史的発展を跡づける 

 

◎中国を中心とした周辺各国の歴史において,東アジア世界が果たした役割は 

  決定的である。 

  東アジア世界はいかなる歴史的空間か。一口に言えば,中国王朝国家と周辺国家の関係 

  する「場」である。周辺「国家」がいかに形成されたか,これを東アジアの歴史と関連させて 

  理解する。これが本書の目的である。 

◎近代以前の東アジア世界の外交秩序の理解には,中国を中心とした冊封・朝貢関係を 

  常に念頭に置く必要があることを忘れてはならない。 

◎本書で主たる考察の対象にしようとするチベット諸族とは,現在の首都ラサを本拠とする 

  チベット自治区とその南方のインド・南アジア世界の諸族ではなく,中国本土西辺縁地域 

  におけるチベット諸族の歴史が課題なのである。チベット諸族が中国と関係したことは, 

  単にチベット諸族と中国との関係を考えても歴史的に考察したとは言えず, 

  必ずや東アジア世界における国際関係論の新たな視野が期待されるのである。 

 

【目  次】  

はじめに 

第一章 甘粛・四川両省におけるチベット諸族と中国国家−東アジア冊封関係論の新要素− 

第二章 西羌王国の興亡と漢帝国−東アジア世界における倭国の対極− 

第三章 魏晋・五胡時代におけるテイ族国家と羌族国家 

第四章 南北朝による東アジアの政治変動とテイ族・羌族諸国 

第五章 隋唐世界帝国と党頂・吐蕃両王国 

第六章 五代・宋帝国と党頂・西夏王国 

第七章 元明時代の寧夏地方行政の展開 

第八章 清、乾隆期四川大金川・小金川羌族の反乱と東アジア世界 

結 語 

あとがき