青木やよひ『ベートーヴェンの生涯』 

2009/12/01 00:00
広報委員(宮嶋)

『ベートーヴェンの生涯』(平凡社新書 502) 

 

青木やよひ=著 

 

定価:966 円(本体:920 円)   

新書判  320頁   

2009.12  

ISBN978-4-582-85502-9 C0273  

NDC分類番号 762.34  

 

長年の研究成果をすべて投入した渾身の力作。手紙・日記・会話帳など豊富な資料を駆使して、徹底的な自由人ベートーヴェンの姿を臨場感豊かに描き出す。異色の年表を付す。 

 

 

《目次》  

はじめに 

第一章 ボン時代のベートーヴェン 

 一 家系と生い立ち 

  選帝侯治下のボンとフランドル出身の祖父/宮廷楽長とその息子/両親とベートーヴェンの誕生/祖父の死とヨーハンの  蹉跌/「神童」デビューと年齢詐称/器楽奏者の技をみがく 

 二 作曲家への道 

  師としてのネーフェ/ブロイニング家の人々/ベートーヴェン親子の宮廷記録/母とその死/モーツァルトとの出会い 

 三 変革の息吹の中で 

  新選帝侯と青春の訪れ/先進的な読書クラブの人々とフランス革命/十九歳を前に家長となる 

 四 巣立ちゆく音楽家 

  ヴァルトシュタインとの交遊と二つのカンタータ/楽しい船旅とピアニスト・デビュー/歌曲と初恋の人/旅立ち 

 

第二章 ウィーン生活の光と影 

 一 幸運の星の下で 

  多文化国家の首都/ウィーンでの最初のパトロン/社交界の寵児となる/ハイドンおよび他の先生たち 

 二 激動の時代の始まりと名声の確立 

  宮廷の崩壊と未来への挑戦/公開演奏会デビュー/声楽曲、オペラ、そして女性歌手/自由な異性交際とその人生哲学  /演奏旅行の成功とその余韻 

 三 新しい音楽概念・新しい音楽仲間 

  ナポレオンの二面性とベートーヴェンの立場/ベルナドットとクロイツァー/友人たち・仲間たち・敵対者たち 

 四 難聴という不吉な陰 

  ベートーヴェンと難聴/『悲愴』の誕生とその後/死と回生——「ハイリゲンシュタットの遺書」 

 

第三章 豊かな創造の時期 

 一 絶望から「新しい道へ」 

  『エロイカ変奏曲』/舞台音楽への挑戦/『エロイカ』の誕生 

 二 巨匠のプロフィール 

  弟子たちの見たベートーヴェン/ブロイニングとの諍いと和解/テレーゼとヨゼフィーネ 

 三 検閲と戦乱のはざまで 

  『レオノーレ』/時代の不安と同時代人からの不評/リヒノフスキー侯との不和/女性ピアニストたちとの交遊 

 四 友愛のとき 

  〈ドロテーア・ツェツィーリア〉とよばれた人/シュトライヒャー夫妻とピアノの歴史/〈ファルスタッフ〉とよばれたヴァイオリニス  ト/エルデーディ夫人と年金契約/『告別』と『皇帝』と/結婚申込みのいきさつ 

 

第四章 栄光と絶望の『日記』 

 一 人生の星の時間 

  ベッティーナの登場/〈トーニ〉と慰めの音楽/ゲーテへの接近/謎のボヘミア旅行/一八一二年・夏の輝き/ゲーテとの  出会い 

 二 挫折と名声の下で 

  『日記』の始まり/ベートーヴェンの教養とインド思想/ウィーン会議のあと先/訪問者たち 

 三 復活への道 

  立ち直りのきざしと甥の問題/『遥かなる恋人に』と作品101の『ピアノ・ソナタ』/孤独と死の影の下で/苦難の終わり 

 

第五章 人類へのメッセージ 

 一 内と外との平和を求めて 

  『ミサ・ソレムニス』と最後の三つの『ピアノ・ソナタ』/メッテルニヒ体制の下で/三人の秘書役と『伝記』の問題 

 二 『ミサ』から『第九』へ 

  ベートーヴェンと〈神〉/『第九』の成り立ち/『第九』の完成と初演/束の間のくつろぎ、ウェーバーの来訪、食卓 

 三 〈神なるもの〉への感謝の歌 

  最後の弦楽四重奏曲の世界/カールの自殺未遂事件/最後の住まいと少年〈アリエル〉 

 四 病床の日々と死後の栄光 

  最後の旅と死に至る病/病床の慰め/病気の進行/フンメルの見舞い/「芝居は終わった(コメディア・フィニタ・エスト)」  /死後の栄光と後継者たち 

注 

あとがき 

略年表 

事項索引 

人名索引  

 

-------------------------------------------------------------------------------- 

《概要》  

 

 

ベートーヴェン研究50年余の総てを投入した渾身の力作。はからずも遺著となる。 

手紙、日記、会話帳、友人たちの証言など最新の資料を駆使して、女性を愛し、駄洒落を好み、甥への愛に振り回される、隣人ベートーヴェンをいきいきと描きだす。また、バッハ、ヘンデル、モーツァルトの音楽とどのように出会い、カントの哲学やインド思想をいかに自らのものとしたのか——従来の諸説を大幅に書き換え、まったく新しいベートーヴェン像を提出する。  

 

(平凡社HPより転載)