鎌田東二『モノ学の冒険』

2010/01/20 09:01
広報委員(宮嶋)

鎌田東二編著 『モノ学の冒険』 

 

定価(5% 税込)2,730円  

ISBN 978-4-422-23026-9  

判型 A5判  

造本 上製  

頁数 304頁  

 

日本語の「もの」は単なる物ではない。物質性としての「物」から人間性としての「者」を経て霊性としての「霊▼ルビもの▲」にまで至る多次元的なグラデーションをもっている。トヨタの最新自動車から伝統的な西陣織まで、すぐれたものは「もののあはれ」を喚起させ、きれい、すごい、おみごと、と思わせる。「もの」は常に心に働きかけ、心をゆさぶり、魂まで発動させる。日本文化独特の「もの」「心」「魂」の関係に多様な視点から迫る。 

 

目次 

第I部 モノと気配とモノガタリ 

 聖なる場所と言葉のモノ学的探求 

 モノと気配 

 心とモノの魂について 

 移行対象 

  ——内と外をつなぐモノ 

第II部 モノと情緒とワザ 

 生きているモノの宗教学 

  ——アニミズムを開く愛・愛を身体化するモノ 

 本居宣長「もののあはれを知る」をめぐって 

 文学の中性名詞 

  ——坂口安吾と川端康成から