鎌田東二『神と仏の出逢う国』

2009/09/10 21:12
広報委員(宮嶋)

鎌田東二 『神と仏の出逢う国』 

 

[ 内容 ] 

山川草木、花鳥風月、森羅万象に祈りを捧げる日本人の神仏観。日本文化の底流を成す神仏習合の歴史を見直し、社会不安に満ちている現代で平和に向かい何ができるか、新たな日本的霊性を見出し、その可能性を考える。 

 

発売日:2009年 09月 10日 

定価(税込): 1575円 

四六判 

ISBN 978-4-04-703449-5-C0314  

発行元:角川学芸出版  

 

 

[さらに詳しく] 

 

神は在るモノ、仏は成る者。 

山川草木、花鳥風月、森羅万象に祈りを捧げる日本人の神仏観。日本の自然と風土の上に花開いた神仏習合の文化を俯瞰し、平和な世界を求めて宗教の可能性を考える。  

 

神道はユーラシア大陸の東の果てで自然発生的に生まれ、形成されてきた日本人のしきたりだ。6世紀に仏教が日本に伝来すると、神と仏は寄り添い、民間信仰などを取り込み、日本独自の神仏観をかたちづくってきた。日本文化の底流を成す神仏習合の歴史を見直し、社会不安に満ちている現代で、平和に向かって何ができるのか。新しい日本的霊性を見出し、その可能性を問う。 

 

《目 次》 

 

第1章 神と仏の原理的違いと習合化のメカニズム——神神習合から神仏習合への流れ  

 1 法螺貝から始まる  

 2 「神」と「仏」の出逢い  

 3 春日大社「おん祭」  

 4 「神=カミ」と「仏=ホトケ」の原理的違い 

 5 「神道」と「仏法」 

 6 『古事記』と『日本書紀』と『風土記』 

 

第2章 古代律令神道・律令仏教から中世神道・中世仏教へ  

 1 記紀神話の成立とその要点  

 2 「神道」とは何か  

 3 外来宗教としての仏教  

 4 7世紀の宗教革命 

 5 最澄と空海  

 6 霊的国防都市としての平安京  

 7 古代世界の崩壊と中世世界の始まり  

 

第3章 中世における神と仏  

 1 伊勢神道の成立と特徴  

 2 吉田神道の確立と特徴 

 3 神国思想と豊臣秀吉および徳川家康の切支丹禁止政策と鎖国 

 

第4章 国学(古学)と幕末維新期の神道と仏教 

 1 古代神話——調停的・分治的一者の確立 

 2 中世神話——根源的・個的一者の確立  

 3 近世神話——仮構的・内向的一者の確立  

 4 近代神話——対抗的・外向的一者の確立  

 5 柳田國男と折口信夫の民俗学と「新国学」  

 

第5章 神仏分離(判然)から神仏共働へ——新神仏習合の時代へ  

 1 5つの神話とその現代的意味  

 2 戦争と平和  

 3 戦後神話、柳田國男と折口信夫の新国学再論と霊性の立場  

 4 今日問われる日本的霊性  

 

あとがき  

 

(角川書店HPより)