比較文明 第16号(2000)目次

2000/05/24 00:16
広報委員(宮嶋)

●No. 16, 2000 

《特集I どこへ向かう? 現代文明》 

21世紀文明はどこへ向かうのか・・・・・・・・・・・・・・・橋爪大三郎 

「文明」概念の見直しから・・・・・・・・・・・・・・・・・柳父  章 

非デカルトマシンと社会 

 —そして、理系から文系への丸い越境・・・・・・・・・・・喜多村 直 

社会規範の「不安定化」と比較文明学 

 —家族問題からの考察・・・・・・・・・・・・・・・・・・北山 晴一 

性差の読み方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小川真理子 

《特集? 文明と言語》 

日本語の将来・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大野  晋 

南インドのタミル・ナードゥ州における 

 言語ナショナリズムと芸能・・・・・・・・・・・・・・・・井上 貴子 

文明史の中の交流言語 

 —国際語パラダイムから民際語パラダイムヘ・・・・・・・・三浦 伸夫 

公用語の思想と機能 

 —アフリカの多言語社会がもつ可能性について・・・・・・・小川  了 

言語と民族主義—中欧チェコの場合・・・・・・・・・・・・・川村 清夫 

比較文明学会第17回大会シンポジウム 現代文明の形成と展開 

シンポジウムI “欧化と土着”再考・・・・・・・・・司会 斉藤  博 

 報告1 欧化と土着—基本視角と課題をめぐって・・・・・・吉澤 五郎 

 報告2 「欧化と国粋のサイクル」克服の試み・・・・・・・高橋誠一郎 

シンポジウムII 文明の未来像・・・・・・・・・・・司会 松本 亮三 

 報告1 科学の三方法論を通してみた文明の未来像・・・・・川喜田二郎 

 報告2 現代文明の未来 

  —文明の同一性と差異性の観点から・・・・・・・・・・・中川 久嗣 

 報告3 君達のミレニアムのなかの生活世界の定礎・・・・・神川 正彦 

基調講演 

近代を超えるもの—現代文明の形成へ・・・・・・・・・・・・伊東俊太郎 

自由テーマ 

ポストモダン文明の担い手たち・・・・・・・・・・・・・・・吉崎 泰博 

遠藤周作に見る「文化受容」・・・・・・・・・・・・・・・・松浦 勝男 

カカシュトラの壁画とマヤ神話・・・・・・・・・・・・・・・横山 玲子 

「比較思想学会」の紹介・・・・・・・・・・・・・・・・・・保坂 俊司