比較文明 第4号(1988)目次

1988/05/24 00:06
広報委員(宮嶋)

●No. 4, 1988 

《特集 文明の交流と動態》 

文明変動における文化との位相動態  

 —「国際化」と「情報化」の分析拠点・・・・・・・・・・・濱口 恵俊 

文明の交流と「国際化」・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮原 一武 

喪失と企投 

 —フリアン・マリーアスのスペイン史論を軸として・・・・・西澤 龍生 

マルカタ王宮址出土彩画片の一考察 

 —スパイラル文の系譜について・・・・・・・・・・・・・・吉村 作治 

インド史におけるスーフィズムの研究 

 —ダルガー崇拝を廻って・・・・・・・・・・・・・・・・・木村  聡 

世界史のなかのモンゴル帝国・・・・・・・・・・・・・・・・謝  世輝 

日本文明の形成と「文明交流圏」・・・・・・・・・・・・・・伊東俊太郎 

日米量産文明の比較—経済摩擦の基底にあるもの・・・・・・・小林 達也 

エスニック革命と国際関係の現在性・・・・・・・・・・・・・浦野 起央 

シンポジウム 

文明の交流と動態—国際化と情報化・・・・・・・・・・司会 青木  保 

                         報告者 杉田 繁治 

                             鈴木 良次  

                             中谷  巌 

                             米山 俊直 

特別講演 

比較文明学の方法論・・・・・・・・・・・・・S・N・アイゼンシュタット 

研究ノート 

照葉樹林文化と「ウツロ」の霊性 

 —東アジア文明の元型的領域について・・・・・・・・・・・菅原  浩 

書 評 

梅棹忠夫著『日本とは何か』・・・・・・・・・・・・・・・・沖浦 和光 

黒田壽郎編『地域研究の方法と中東学』・・・・・・・・・・・神山 四郎 

聖心女子大学キリスト教文化研究所編『巡礼と文明』・・・・・山折 哲雄 

安田喜憲著『世界史のなかの縄文文化』・・・・・・・・・・・神川 正彦 

湯田豊著『ニーチェと仏教』・・・・・・・・・・・・・・・・駒井 義昭 

中田光雄著『抗争と遊戯』・・・・・・・・・・・・・・・・・柴田 隆行 

浦野起央著『現代における革命と自決』・・・・・・・・・・・信夫 隆司 

岡野加穂留編著『福祉社会の未来構造論』・・・・・・・・・・藤井 忠俊 

小川了著『サヘルに暮らす』・・・・・・・・・・・・・・・・阿部 年晴 

米山俊直著『都市と祭りの人類学』・・・・・・・・・・・・・和崎 春日 

一書評をめぐって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中田 光雄