比較文明学会関西支部のあらまし

関西支部

2008/12/06 11:08
solo

経緯 

  

2007年2月10日 比較文明学会関西支部 発足 

原則として、年4回、春夏秋冬に研究例会を開催している。 

最初の刊行物として、「地球時代の文明学」(京都通信社)が2008年10月に出版された。 

 

研究組織 

【支部長】 

中牧弘允(国立民族学博物館・民族文化研究部) 

【副支部長】 

  龍村あや子(京都市立芸術大学大学院音楽研究科・音楽学部) 

 

例会のあゆみ 

 比較文明学会関西支部第一回例会 

場所:国立民族学博物館第6セミナー室(2F) 

13:30?13:40 挨拶 比較文明学会副会長 原田憲一(京都造形芸術大学教授) 

 関西支部長 中牧弘允(国立民族学博物館教授) 

13:40?15:10 宮原一武(神戸市外国語大学) 

            「主流文明史観」の構想 

15:30?17:00 関 雄二(国立民族学博物館教授) 

  「新旧両大陸の古代文明における直接的接触の可能性について」 

 

比較文明学会関西支部第二回例会 

日時:2007年5月19日(土) 13:30?17:00 

場所:国立民族学博物館 第3セミナー室(2F) 

13:30?15:00 三浦伸夫(神戸大学国際文化学部教授) 

       「日本科学文明博物館構想」 

15:00?15:30 休憩、特展見学(聖地巡礼) 

15:30?17:00 杉田繁治(龍谷大学理工学部教授、民博名誉教授) 

      「文明のシステム史観?文化と文明の概念について」 

比較文明学会関西支部第三回例会 

日時:2007年7月31日(火) 13:00?17:00 

場所:京セラ本社ビル  

13:00?14:30 京セラファインセラミック館・京セラ美術館見学 

14:30?15:00 企業博物館についての懇談 

15:00?15:15 休憩 

15:15?17:00 日置弘一郎(京都大学経済学部教授) 

 「生産力史観再考?経営学の視点」 

比較文明学会関西支部第四回例会 

日時:2008年2月2日(土) 13:30?17:00 

場所:国立民族学博物館 第3セミナー室 (2階) 

13:30?15:30 山本紀夫(国立民族学博物館名誉教授) 

            「高地文明の可能性?文明の山岳史観」 

15:30?16:00 休憩 

16:00?17:00 ・2010年の京都大会に向けて 

            ・関西支部の編集による出版について 

比較文明学会関西支部第五回例会 

日時:2008年5月18日(日) 13:30?17:00 

場所:国立民族学博物館 第6セミナー室 (2階) 

13:30?15:30 小山修三(国立民族学博物館名誉教授) 

            「文明の縄文史観」 

15:30?16:00 休憩 

16:00?17:30 秦兆雄(神戸市外国語大学准教授) 

 「文明内部対話」 

17:30?18:00 関西支部の編集による出版について 

比較文明学会関西支部第六回例会 

 日時:2008年7月20日(日) 13:30?18:00 

場所:国立民族学博物館 第6セミナー室 (2階) 

13:30?15:30 正塚晴康(大阪教育大学名誉教授) 

            「欧米自然感推移のあらまし」 

15:30?16:00 休憩 

16:00?17:30 中牧弘允(国立民族学博物館教授) 

       「文明の『暦』史観」 

17:30?18:00 関西支部の編集による出版について 

 

比較文明学会関西支部第七回例会(東洋音楽学会例会と合同) 

特別企画:「インドの美術と音楽」 

日時:2008年11月29日(土) 13:30?17:00 

場所:京都教育大学(藤の森)2号館2階D4講義 

発表者・ 定金 計次(京都市立芸術大学教授) 

     「インドの近世絵画について」 

    田中多佳子 (京都教育大学教授) 

     「北インドの宗教歌謡について」 

コメンテーター 村瀬 智 (大手前大学教授) 

コメンテーター 大谷紀美子(相愛大学学園長) 

司会: 龍村あや子 

 

比較文明学会関西支部第八回例会(予定) 

日時:2009年2月14日(土) 13:30?18:00 

場所:国立民族学博物館 第6セミナー室 (2階) 

13:30?15:30 山中由里子(国立民族学博物館助教授) 

  「アレクサンドロス変相?古代から中世イスラームへ?」 

15:30?16:00 休憩 

16:00?18:00 平田一郎(関西外国語大学准教授) 

 「自然と神」